ワンパック病院

特措法が延長されていよいよ長期戦になった。ますますこの病院に缶詰め決定で、話のネタに困る。そこでこのリハビリテーション病院の備品管理等の徹底ぶりをちょっと書いてみよう。
 ハサミと鉛筆削りの没収は前に書いた。しかもハサミを使いたいときは看護師から借りて、看護師の前で使わないといけない。
 次にコップ類が没収される。コーヒー、紅茶、お茶は自分で入れてはいけない。湯沸かし器の使用は禁止。無論電子レンジ等は使用禁止。毎日3時にお茶類は1杯、専用カップで提供される。もし特別に水を飲みたい場合は病院の吸い飲みに水を入れてもらってその都度飲むことになります。
 これは不便です。私は腎盂炎の熱があるので毎日かなりの水を飲んで熱を抑える必要があります。そこで自動販売機の水類を大量買いして飲んでいます。この病院には売店がないので自販機を使うしかありません。それでは簡単に自販機が使えるかというとそういうわけにはいきません。
 入院時に預かり金というのを病院の事務所に預けます。これはこの病院が現金しか扱わないのでいろいろな用途に使うものなのですが、実際はお使い金として使われます。
 自販機を使うときは看護師にお使いをしたいと申込みます。そうすると伝票を取り出してきて買う項目と単価、数量を書き込みます。そしてその伝票を持って病棟のものが事務所に行って預かり金から現金をおろします。ようやっとこの時点で自販機が使えますが、実際に自販機にお金を入れて商品を買うのも病棟の者で当の本人は一切関わりません。しかも事務所が開いている時間帯内で看護師に申し込んで、事務所が開いている時間帯内で現金をおろして買わなければなりません。うーん、めんどくさい。その上水代は月数万かかるのでたまりません。
 次いってみよう。
 タオルも没収。日3回,食事前に殺菌レンタルタオルを提供。必要なときは自己申告。洗面時などに必要なタオルは紙タオルを使用。
 歯ブラシ没収。歯ブラシは2か月ごとに病院が新品を用意。もちろんうがい用のマイカップはなし。消毒済みを日3回提供。
 生活に必要なものはいっさい病院側で用意するということで入院しましたが、裏返せばこれは病院が許可しないものは使っちゃだめということで、用意されたものを使うということは買うということになり、結構な金額になります。
 スマホ入力は疲れるのでオムツ代については次にします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント