ハリはりハリ

アクセスカウンタ

zoom RSS ステファヌ・クルトワ/ニコラ・ヴェルト 「共産主義黒書<ソ連篇>」 ちくま学芸文庫

<<   作成日時 : 2017/03/17 01:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 おおよそ十月革命からスターリンまでの赤色テロルと収容所群島、つまりソビエト革命の裏側の歴史を扱っている。世界の共産主義の裏側の歴史を扱った共著の一冊。とにかく大量の虐殺者数、処刑数、餓死者数、収容者数などの集計数が延々と最後まで淡々と続く。まったく死者の話だというのに不謹慎な話だが読んでると生あくびが出て飽きが来そうなくらい数の記述が続く。なぜにこれほどの悲劇が起きたかを考えるとマルクス・エンゲルスまで遡って一党独裁(共産党独裁)、発展的考え方、それらの考えを支えた弁証法などの構造的欠陥などの理論的話が出てきてもよさそうだがこの本ではそのような理論的考察は一切でてこない。記録的記述が続く。読み続けるのに疲れるのを覚悟すれば一度は読むことをお勧めする。

共産主義黒書〈ソ連篇〉 (ちくま学芸文庫)
筑摩書房
ステファヌ クルトワ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 共産主義黒書〈ソ連篇〉 (ちくま学芸文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ステファヌ・クルトワ/ニコラ・ヴェルト 「共産主義黒書<ソ連篇>」 ちくま学芸文庫 ハリはりハリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる