ハリはりハリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 作者未詳 「虫めづる姫君 堤中納言物語」 光文社古典新訳文庫

<<   作成日時 : 2016/12/26 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 平安時代後期から鎌倉時代までに書かれた作者未詳の物語を集めた短編集。何と言っても異質なのはタイトルにもなっている「虫めづる姫君」。こんな時代にこんなこと書く人いたのと意外性を感じること必至。内容の解説は書かない。立ち読みできる量の一品なので読んでみてほしい。その他の小品も源氏物語の断章のようなものが多いがちょっとずつずれている。買っても損はないと思う。
 実はこの蜂飼耳さんの訳は好きではない。谷崎潤一郎の源氏物語の訳のような文章に香りがない。渋谷新宿当たりの雑踏の中の若者の会話を聞いているような気がしてくる。しかし訳は誰に読んでほしいかで大きく変わる。そこがとっても難しいところだ。とにかくさっと読める。そういう意味ではとても良い訳だ。


虫めづる姫君〜堤中納言物語〜 (光文社古典新訳文庫)
光文社
2015-12-25
作者不詳

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 虫めづる姫君〜堤中納言物語〜 (光文社古典新訳文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
作者未詳 「虫めづる姫君 堤中納言物語」 光文社古典新訳文庫 ハリはりハリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる