テーマ:

小回りの利く犬用車いす

 どこかの大学だったと思うが、犬用の車いす、特に室内でも小回りの利く車いすを開発したとどこぞの局で放映していた。メモを忘れたのでどこだったのかや開発の詳細は忘れてしまった。  犬に既存の車いすを用意したことのある人ならわかると思うけれど、通常の車いすを走らせるとスピードが増せば増すほど曲がるのがむっずかしくなる。まさに突進、猪突猛進な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかしなおかしな犬禁止の看板

 とある団地に建てられた犬進入禁止の立看板。各進入口すべてに立っている。ここまで独立して禁止する看板もめずらしい。よほど犬嫌いの強硬派が管理事務所にねじ込んだのではないか。しかしこの看板、よく見ると困っているのは人間ではなくてどう見ても犬の方がが困っている。(拡大して見てね)作った人のジョークか「困っています」ということを本当に犬で表現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その82、犬の食物アレルギー

 姉の家の猫が食物アレルギーがひどくなってキャットフードを 替えることになりました。そういえばバカ息子の食物アレルギーに ついてはちゃんと書いたことがありませんでした。ただし アレルギー物質の種類とか医療的なことはネットに結構いっぱい 書かれているのでそちらを見てください。ここでは実際に 自分の犬が食物アレルギーにかかった時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その11、最終節

十一  吾輩もこの家にきてだいぶ経つようになった。吾輩も家族の一員として迎えられたのかも知れん。あの一番邪悪な種族であった餓鬼共も吾輩がフライング・アタックをしても逆に吾輩を抱きかかえてしまうようになった。反対に餓鬼どもが吾輩にフライング・アタックを食らわすようなことは決してしなくなった。食らったら吾輩がぺっしゃんこになるぐらい巨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その10

十  吾輩はひそかに細君の方を飼い主だと思っておる。おかげで細君からおかみさんに昇格している。なぜそう思うのかと言われてもそう思うからそうなのである。まあなんでも無理に理由を捻り出してみれば、なんといっても飯をくれる。次に犬かわいがりしてくれる。あんぽんたんは実に暴力的だ。あれはいかん。平和主義者の吾輩をなんだと思っておるのか。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その9

九  いつものように午後の惰眠をむさぼってごろごろしていたら、我が祖先の遠い記憶を思い起こさせるような懐かしい音が近づいてくる。横には昼間っから寝ているあんぽんたんが居る。いや、吾輩が横に居たのだっけ。まあどちらでもいい。耳だけそばだてて聞いていると、どうもこれは仲間が騒いでいるようだ。半身、体を起こして待っていると、そこを仲間が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その8

八  主はたいそう暇のようだ。人差し指を鼻に突っ込み、庭ともいえぬ庭の先の塀を見ながら、  「暇だ。」 と言う。  「誰も通りもせぬ。俺がガキの頃は人の家の塀などは通り道みたいなものだったぞ。今のガキは何をしているのだ。」  最近は吾輩に独り言をいうのが日課のようになっている。人間も犬に愚痴をこぼすようになると病気というも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その7

七  吾輩今日はたっぷりと運動した。日に三度も運動しているだろうとおっしゃるお方もあろうが、あのような散歩は運動とは言い難い。都会に住む犬族は自由とは程遠い悩みごとの多いところに住んでいるのである。余りに気に病む御犬など五百円禿げがそこら中にできるほどだ。ストレスとは恐ろしい。犬とて悩むのである。  まず吾輩たちは繋がれている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その6

六  人間というものは実にものぐさのようだ。飯を食うと眠いと言って横になり、外から帰ってくれば疲れたといい横になり、夜は夜でテレビの前でごろごろしている。まったく動こうとしない。吾輩が散歩に連れ出してやらないと運動というものをまったくやらない。無駄なことはしないという点では犬後に落ちず毎日だらだらと寝て暮らす吾輩であるがここはひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その5

五  天高く馬肥ゆる秋、ましてや犬も肥えて当然。しかるに吾輩は健康に良くないと食事制限を受けておる。あばらまで見えてどこが健康的なのか一向に解せなんだが致し方ない。  あんぽんたんは何でも試してみないと気が済まない。吾輩に豆腐がよい、オカラがよいと誰ぞに言われると豆腐やオカラばかりをやたら食べさせる。犬の缶詰も野菜が多い方がいい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その4

四  けつの穴が塞がった。  あんぽんたんは吾輩の食いっぷりを見て暇を見つけては用もないのに田舎に出張して牛骨を買ってくる。細君は吾輩のピッカピカの歯を見て歯の掃除の手間が省けると言ってショップで加工牛骨を買いまくる。そして吾輩のけつの穴は塞がった。  「昨日からうんちが出ないのよ。いつもならご飯を食べて散歩に行くとすぐ出るの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その3

三  静ちゃんがいなくなり会える楽しみがひとつ減りはしたが、幸い人間にも犬族にも多く知己を得て退屈ということとは縁がなくて済んでいる。最近は写真のモデルに指定されることも多くなり、注文もせぬのにやたらと我が家には吾輩の写真が溜まるようになった。おやつもたくさんもらうようになったのだが、この犬のおやつというのは人間には無味無臭のよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その2

二  近頃この界隈では吾輩も有名になった。来る者は拒まず、争いを好まず、すべての人に愛想を振るまく生来の処世術にたけた吾輩に敵はいない。  我が主の年賀状もすっかり犬だらけだ。近頃は写真の印刷が手軽にできるので犬の写真だらけである。ところが我がご主人はあの真っ黒けっけの上に色を塗るたくった絵を送ったのである。なんという心臓だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「吾輩は犬である」、その1

一  吾輩は犬である。名前はすでにある。しかし教えてはやらん。  生まれは埼玉である。生まれる前から血統なんたらまである。吾輩は由緒正しき犬である。最初の記憶は目が見えなかったのでよくわからん。うすぼんやりした中あっちへふらふらこっちへふらふらごっつんしていると何やらいろいろな手に持ち上げられた。吾輩はここで初めて人間というもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、番外編、「吾輩は犬である」

 小説いうものを初めて書いてみました。パロディーです。 ネタは「ハリの部屋」と同じものです。新味はありません。 ただし「ハリの部屋」は飼い主の目線で書かれていますが 小説の方は犬から目線です。  原作と同じ11節仕立てで書きました。分量は三分の一弱ですが、 それでもガキの頃から文章書きが苦手だった人間としては ぜいぜいです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その81、警察犬のプレート

 前にも書きましたが通常いう警察犬は日本警察犬協会会員と して登録された犬を指します。特に試験とかはありません。 しかし同協会員の紹介等を必要とします。当然このとき一定の 能力がない犬は会員犬になれません。その意味では 暗黙の試験と審査があります。今犬と飼い主を同一視して しゃべっていますが、この会員証をもらった時の私の頭の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その80、雷の怖い仔

 テレビで雷を怖がる犬を何匹も紹介していた。 なんでそんなもの流したのかその理由は忘れてしまった けれども、どうやら自然の驚異に動物は敏感に 反応するというのを強調したかったようだ。  そんなあほな。ハリは近くに雷が落ちたような バリバリ、ドカーンときても寝ている。せいぜい 大きな音だなとちょっと目を開けてまた寝なおす程度だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬の法律

 犬をノーリードで行かれる場所等を検索されて のぞきに来られる方がおります。ノーリードが可能かどうかは 各自治体の条例によって変わります。このような具体的な ことは条例で処理しているようなのでご自分の住んでいる 自治体の条例を検索してみてください。  東京都の場合、基本的にノーリードはどこでも駄目です。    東京都動物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その79、ほんとうにあった!

 我がバカ息子の名前はハリアクモーン、長いので略してハリ。 ギリシア神話の河の神の名です。  気が狂って河に投身。そのまま河の名前になったという 悲しい人なのですが、水を見たら気が狂うラブラドールに ピッタリなので命名しました。まあ略した語呂がいいので これにしたというのが真相に近いいいかげんな名前ですが。  ところが最近「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その78、臭気選別の続き

 臭気選別で検索してくださる方が多いので、どこかに写真が ないかと探したらありました。いい加減な管理なものですいません。  訓練してくださっているのは宮崎ドックトレーナーです。 訓練中の手順なので一部競技会での手順と違います。臭いの 布をセットするのが協議会側の人である点が違います。 基本的な動作は同じです。犬は二種類の動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その77、ライフセーバーを着たハリ

 写真を見ていたらライフセーバーを着たハリを見つけたので 載せます。中身は発泡スチロールですね。ですからかさばりますが 軽いです。年取って体力がなくなってきたら犬でも着せましょう。 毛の少ない、浮きにくい子にも必須です。 P.S. どうもいろいろ書いていると前書いたものを忘れてしまいます。    この写真は前に使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その76、はり麻呂

 私がお気に入りなのがこの写真。かぶれちゃいけないので 人間用のすぐとれるヘヤーカラーを使用している。 気に入ったのでフルペインティングしてやろうと、お店を探して 何種類もの色を大量に買い揃えたところで姉から中止のご通達が あってあえなく廃棄処分。歌舞伎役者を作り損ねました。 [次へ] ⇒ハリの部屋、その77、ライフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その75、犬小屋、その2

 とにかく大型犬の犬小屋はでかくて用意するのが大変。 私が知っている犬小屋では、ハリの犬仲間で敷地内に 犬用のログハウスを建てた御仁がおります。ミニチュアでは なく本当に人が住めるサイズの家。すごい! でもどうなんでしょうかねえ。犬にとって小さな小屋と 大きな家。何か違いをあるのでしょうか。 群れ社会に住む犬。結局家の中でみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その74、犬小屋、その1

 もともとハリは我が家にもらわれてきたときは家の中で 飼っていました。ところが我が姉の「犬は外で飼うもんだ」の 一言でバカ息子は外に追い出される運命となりました。 因みに姉は猫派です。 [できたての頃の犬小屋]  しかし実際に大変なのは私です。その日から延々、 会社から帰ると毎夜犬小屋造りです。大型犬の犬小屋は で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その73、犬枕

 「いくえみさんちの白い犬」を読んでいたら、でぶラドールでに 犬枕して逃げられていました。   おー、私と同じことしてる人がいる。 大型犬を飼われている方は必ず一度はやっているはずです。 とってもラブリーな図なのですが。こいつら絶対逃げる。 ベッドだろうとソファーだろうとどこでも人の上に 重たーい頭を必ず載せてくるのに、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その72、パニックる犬

 前にも書きましたが老犬になって目も悪く耳もよく聞こえなくなると よくパニッくるようになります。鼻は意外に悪くならず、相変わらず いい匂いにはすぐ反応します。しかし鼻を利かして飼い主を 探すなんて芸当は訓練されてなければ無理です。宝の持ち腐れって やつですね。  何もなければ飼い主を確認する犬も、何かに夢中になって少し 離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その71、犬に皮付きのリンゴを食べさせて大丈夫?

 表題で検索している人がいました。 少しふらふらしてネタを思いつかないでいたので答えてみます。  犬によります。皮が付いていると嫌がって食べない子がいます。 うちのバカ息子はこのくちです。皮をちゃんと剥かないと食べない。 むりやり口に放り込むと、微妙な顔をしてそっと吐き出します。 ほんと贅沢な奴です。犬は基本的に咬まないで呑み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その70、檻用フェンス

 訓練士さんなんかに言わせると犬は檻の中で 飼うのがよろしいという。別段檻に鍵をかけて飼うと いうわけじゃなくて、   ハウス! といっって戻っていったとき、そこが一番落ち着く場所で あればよろしいということらしい。移動のときも檻に 入れて移動するのが犬、人間ともに最も安全な策だと 言います。  とはいうものの犬はすぐで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その69、都立大泉中央公園と和光樹林公園

 東京都と埼玉県の県境を挟んでにらみ合う公園。 別々の自治体が管理する公園なので道路を挟んで 存在します。自衛隊朝霞駐屯地のほんとに真横です。 二つ合わせると結構広い公園です。 近くに大きなスーパーがいくつもあるので手ぶらで 行っても大丈夫です。  またもやここは米軍がらみの元ゴルフ場のようです (米軍はいったいなにをやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その68、葛西臨海公園

 葛西臨海公園、なんといっても犬にとって遊べる場所は 人口の渚。遠浅なので子供と一緒に遊べます。 [仲間の犬とともに]  バーベキューの場所もあるので野外で犬と一緒に 食事できます。  水族館、観覧車、バードウォッチングなんかも利用できます。 ただこの手の大きな施設では移動が長いアスファルト道路で 日陰のない所も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more