テーマ:ハリの部屋

ハリの部屋、その82、犬の食物アレルギー

 姉の家の猫が食物アレルギーがひどくなってキャットフードを 替えることになりました。そういえばバカ息子の食物アレルギーに ついてはちゃんと書いたことがありませんでした。ただし アレルギー物質の種類とか医療的なことはネットに結構いっぱい 書かれているのでそちらを見てください。ここでは実際に 自分の犬が食物アレルギーにかかった時の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、番外編、「吾輩は犬である」

 小説いうものを初めて書いてみました。パロディーです。 ネタは「ハリの部屋」と同じものです。新味はありません。 ただし「ハリの部屋」は飼い主の目線で書かれていますが 小説の方は犬から目線です。  原作と同じ11節仕立てで書きました。分量は三分の一弱ですが、 それでもガキの頃から文章書きが苦手だった人間としては ぜいぜいです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その81、警察犬のプレート

 前にも書きましたが通常いう警察犬は日本警察犬協会会員と して登録された犬を指します。特に試験とかはありません。 しかし同協会員の紹介等を必要とします。当然このとき一定の 能力がない犬は会員犬になれません。その意味では 暗黙の試験と審査があります。今犬と飼い主を同一視して しゃべっていますが、この会員証をもらった時の私の頭の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その80、雷の怖い仔

 テレビで雷を怖がる犬を何匹も紹介していた。 なんでそんなもの流したのかその理由は忘れてしまった けれども、どうやら自然の驚異に動物は敏感に 反応するというのを強調したかったようだ。  そんなあほな。ハリは近くに雷が落ちたような バリバリ、ドカーンときても寝ている。せいぜい 大きな音だなとちょっと目を開けてまた寝なおす程度だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その79、ほんとうにあった!

 我がバカ息子の名前はハリアクモーン、長いので略してハリ。 ギリシア神話の河の神の名です。  気が狂って河に投身。そのまま河の名前になったという 悲しい人なのですが、水を見たら気が狂うラブラドールに ピッタリなので命名しました。まあ略した語呂がいいので これにしたというのが真相に近いいいかげんな名前ですが。  ところが最近「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その78、臭気選別の続き

 臭気選別で検索してくださる方が多いので、どこかに写真が ないかと探したらありました。いい加減な管理なものですいません。  訓練してくださっているのは宮崎ドックトレーナーです。 訓練中の手順なので一部競技会での手順と違います。臭いの 布をセットするのが協議会側の人である点が違います。 基本的な動作は同じです。犬は二種類の動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その77、ライフセーバーを着たハリ

 写真を見ていたらライフセーバーを着たハリを見つけたので 載せます。中身は発泡スチロールですね。ですからかさばりますが 軽いです。年取って体力がなくなってきたら犬でも着せましょう。 毛の少ない、浮きにくい子にも必須です。 P.S. どうもいろいろ書いていると前書いたものを忘れてしまいます。    この写真は前に使ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その76、はり麻呂

 私がお気に入りなのがこの写真。かぶれちゃいけないので 人間用のすぐとれるヘヤーカラーを使用している。 気に入ったのでフルペインティングしてやろうと、お店を探して 何種類もの色を大量に買い揃えたところで姉から中止のご通達が あってあえなく廃棄処分。歌舞伎役者を作り損ねました。 [次へ] ⇒ハリの部屋、その77、ライフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その75、犬小屋、その2

 とにかく大型犬の犬小屋はでかくて用意するのが大変。 私が知っている犬小屋では、ハリの犬仲間で敷地内に 犬用のログハウスを建てた御仁がおります。ミニチュアでは なく本当に人が住めるサイズの家。すごい! でもどうなんでしょうかねえ。犬にとって小さな小屋と 大きな家。何か違いをあるのでしょうか。 群れ社会に住む犬。結局家の中でみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その74、犬小屋、その1

 もともとハリは我が家にもらわれてきたときは家の中で 飼っていました。ところが我が姉の「犬は外で飼うもんだ」の 一言でバカ息子は外に追い出される運命となりました。 因みに姉は猫派です。 [できたての頃の犬小屋]  しかし実際に大変なのは私です。その日から延々、 会社から帰ると毎夜犬小屋造りです。大型犬の犬小屋は で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その73、犬枕

 「いくえみさんちの白い犬」を読んでいたら、でぶラドールでに 犬枕して逃げられていました。   おー、私と同じことしてる人がいる。 大型犬を飼われている方は必ず一度はやっているはずです。 とってもラブリーな図なのですが。こいつら絶対逃げる。 ベッドだろうとソファーだろうとどこでも人の上に 重たーい頭を必ず載せてくるのに、自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その72、パニックる犬

 前にも書きましたが老犬になって目も悪く耳もよく聞こえなくなると よくパニッくるようになります。鼻は意外に悪くならず、相変わらず いい匂いにはすぐ反応します。しかし鼻を利かして飼い主を 探すなんて芸当は訓練されてなければ無理です。宝の持ち腐れって やつですね。  何もなければ飼い主を確認する犬も、何かに夢中になって少し 離れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その71、犬に皮付きのリンゴを食べさせて大丈夫?

 表題で検索している人がいました。 少しふらふらしてネタを思いつかないでいたので答えてみます。  犬によります。皮が付いていると嫌がって食べない子がいます。 うちのバカ息子はこのくちです。皮をちゃんと剥かないと食べない。 むりやり口に放り込むと、微妙な顔をしてそっと吐き出します。 ほんと贅沢な奴です。犬は基本的に咬まないで呑み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その70、檻用フェンス

 訓練士さんなんかに言わせると犬は檻の中で 飼うのがよろしいという。別段檻に鍵をかけて飼うと いうわけじゃなくて、   ハウス! といっって戻っていったとき、そこが一番落ち着く場所で あればよろしいということらしい。移動のときも檻に 入れて移動するのが犬、人間ともに最も安全な策だと 言います。  とはいうものの犬はすぐで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その69、都立大泉中央公園と和光樹林公園

 東京都と埼玉県の県境を挟んでにらみ合う公園。 別々の自治体が管理する公園なので道路を挟んで 存在します。自衛隊朝霞駐屯地のほんとに真横です。 二つ合わせると結構広い公園です。 近くに大きなスーパーがいくつもあるので手ぶらで 行っても大丈夫です。  またもやここは米軍がらみの元ゴルフ場のようです (米軍はいったいなにをやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その68、葛西臨海公園

 葛西臨海公園、なんといっても犬にとって遊べる場所は 人口の渚。遠浅なので子供と一緒に遊べます。 [仲間の犬とともに]  バーベキューの場所もあるので野外で犬と一緒に 食事できます。  水族館、観覧車、バードウォッチングなんかも利用できます。 ただこの手の大きな施設では移動が長いアスファルト道路で 日陰のない所も多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その67、吠える

 ハリが最後まで直らなかった悪癖が    店前で一匹で待たせると吠える です。訓練で待たせると1時間だろうとなんだろうと 待ての姿勢を崩さないでいる子がです。あの人間という 悪鬼どもに誘惑され弄ばれても我慢し続ける子がです。 しかも姉などと出かけるときは吠えない。私と出かけた ときだけ吠える。  冷静かつ当てずっぽ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その66、癒し犬、セラピー犬

 ハリは誘われてときどき老人ホームなどにセラピー犬と して訪問していました。私がいくとどっちが癒されているのか わからなくなるので姉が連れて行きました。  やることと言ってもおとなしい子が選ばれるくらいですから ほとんどじっとしているらしい。かといって無関心な子はだめです。 適当に勝手に動いてお年寄りと適当に反応して、適当に、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その65、リード

 最後にいきついたリードが前話の写真で私が 首に巻きつけている太いリード。服が赤いので 見づらいかもしれません。合成糸か何かを編み込んだ ものです。  訓練の終わった犬にリードの種類など関係ないのですが、 大型犬を飼ってらっしゃる方はよくご存じだと思いますが、 とにかく華奢なリードはよく切れる。いったい何本の リードをごみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その64、チェーンカラー

 勝手な動きをする犬にはチェーンカラーが有効です。 ただ車いすの方が使用するのには少し疑問があります。 やはりチェーンカラーは腰を入れて瞬間にきゅっと 締め上げてショックをかけるのが基本です。 車いすの方ですと手だけで、しかも片手で引っ張ることに なるので速度もなく引っ張り幅も短くなります。 きゅっと締め上げることができませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その63、傍若無人なハリ

 とにかく訓練を受ける生後10か月前後までのハリの 横暴ぶりはすさまじい。特にその食い意地の悪さは どうしょうもない。  公園などで家族がピクニック気分で食事をしている横を 通り過ぎるときはリードを付けたままでも安心できません。 瞬間でタッパーの中身が消えます。食べられた側の 家族も一瞬何が起こったのか理解できません。一口で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その62、ラブラドールの体重

 ゴールデンなどは40Kを超える子が多いですが ラブラドールは40Kは超えない方がいいと思っています。 ただし個体差が大きいので見た目で判断した方が 早いかもしれません。デブに見えたら体重を落としましょう。 我が家では手で触ってあばら骨が感じられる程度に していました。  獣医さんのところに行ったときに体重を量ります。 1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その61、秋ヶ瀬公園

 荒川沿いにあるさいたま市の秋ヶ瀬公園もよく 利用しました。結構広くて駐車場もそれなりにたっぷり あります(約1000台分)。荒川の二つの橋の間の直線道路の周りに 各種施設が並びます。意外と奥深くて林もかなりあるので 犬連れでのんびりできます。  難点は出入り口が基本的に橋の両端のみなので帰るときに とても混むことです。特に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その60、犬が好き!

 私が犬を好きになった理由はいろいろ。 小さいころ、すぐ隣のアメリカ人のおじいちゃんが 飼っていた大型のコリーを散歩に連れて行ってたとか。 更に隣の犬も散歩に連れて行ったとか。当時は隣の 敷地も家の中もお構いなしに入り込んでいましたから。 大型犬が好きになったのもこの子たちのせいかもしれません。  それでも決定的なのは我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その59、野川公園と武蔵野公園

 ハリとよく出かけたのは府中試験場の横の武蔵野公園と その更に横の野川公園。特に野川公園に行きました。  試験場横ですから近辺はお巡りさんだらけ。違法駐車は 厳禁です。即捕まります。そのため車でのお出かけは あまり大きくない公園の駐車場を利用することになります。 犬連れは車で行くことになるのでホームページで駐車場を 必ず確認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その58、国営昭和記念公園

 犬仲間でないあるグループのバーベキュー大会で 立川の国営昭和記念公園に行って帰ろうとしていたら なんとゴールデンを連れたご婦人が入口をすり抜けて 行くじゃありませんか。絶対国営は犬を拒否すると 思っていたのでびっくり。  下見に来たときにはハリをドア開けっぱなしの車に 残してきたので失敗したと思いました(誘拐されないか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その57、ハイジの里

 犬と一緒に遊べて泊まれる場所としては もうかなり有名になっているので詳細は「ハイジの里」で 検索してください。ビデオや写真、ブログ等がいっぱい あります。  お勧めはなんといっても山ひとつフェンスで囲ってしまって まったく干渉されない敷地です。当然犬を放してもどこかに 行ってしまう心配も、吠えて他の人に文句言われることも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、その55、雪が好き!

 犬は雪が好きです。なぜでしょう。わかりません。 ラブラドールは水繋がりで好きなのでしょうか。 狂います。    私も心情的には雪が好きです。でも物理的には 嫌いです。地獄になります。タイヤがスリップして 雪の中進むのに数十メートルで30分以上かかります。 真剣に低圧タイヤかスパイクタイヤの車いすを 作ろうかと考えました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリの部屋、番外編、オーラを出す

 日本全国どこでも旅行に行くと、日本全国どこでも 犬に襲われます。  これは犬好きには堪える。なぜだろうといつも 悲しく思っていました。  犬を飼い始めて、訓練士さんに話を聞いたり 本を読んだりしてようやく理解しました。犬は目線が 低くなるものほどバカにするのです。子供が 襲われるやすいのもそのせいです。特に子供が 不安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more