ゴーリキー 「二十六人の男と一人の女」 光文社古典新訳文庫

 独自に集めた「ゴーリキー傑作選」。話者が男で話の中心が女の四篇が収められている。大平原に遠くに大山脈。空気にまで色が付きそうな原文の自然描写に特徴がありそうなのがわかるくらいに訳文から臭ってくる。ゴーリキーと言ったら「どん底」、とはちょっと違った雰囲気をどうぞ。 二十六人の男と一人の女 (光文社古典新訳文庫)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コレット 「シェリ」 光文社古典新訳文庫

 24歳年下の恋人との破局を描いた作品。作者は結婚した夫の前妻の息子とできちゃうという本の内容なんかぶっ飛んじゃう経歴の持ち主。解説にもある通り最後の別れのシーンが秀逸かもしれない。私は映像向きなシーンだと思います。光と色をうまく使えば。 シェリ (光文社古典新訳文庫)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山本博文 「武士の人事」 角川新書

 老中、松平定信が部下に「江戸城内や江戸市中での幕府役人、旗本、町人らの発言や話などを集めさせ」て書き留めた冊子「よしの冊子」を紹介している。写真はないがFRIDAYやThe Sunの記事を読む感じか。読み下し文にして解説してくれているので読みやすい。この本のうわさ話などが歴史をどの程度反映しているかなどわからないが、まあそう硬くなって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more