山本博文 「武士の人事」 角川新書

 老中、松平定信が部下に「江戸城内や江戸市中での幕府役人、旗本、町人らの発言や話などを集めさせ」て書き留めた冊子「よしの冊子」を紹介している。写真はないがFRIDAYやThe Sunの記事を読む感じか。読み下し文にして解説してくれているので読みやすい。この本のうわさ話などが歴史をどの程度反映しているかなどわからないが、まあそう硬くなって読んでも面白くないだろう。当時の人の心情的なところはふむふむと思うかもしれない。不真面目に読めば面白い。

武士の人事 (角川新書)
武士の人事 (角川新書)

この記事へのコメント