ハリの部屋、番外編、「吾輩は犬である」

 小説いうものを初めて書いてみました。パロディーです。
ネタは「ハリの部屋」と同じものです。新味はありません。
ただし「ハリの部屋」は飼い主の目線で書かれていますが
小説の方は犬から目線です。
 原作と同じ11節仕立てで書きました。分量は三分の一弱ですが、
それでもガキの頃から文章書きが苦手だった人間としては
ぜいぜいです。
 お楽しみいただければ幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック