車いすでサイクリング、その1の1、練馬区富士街道沿い

 バカ息子が亡くなって非常に運動不足なので走り回ることに
しました。お散歩ではなくサイクリングなのでただ例によって
走り回るだけです。迷路のような道ばかり走りますので
参考にしてトライする方は頑張ってみてください。
方向感覚があって太陽を参考にして走れる方は構いませんが
自信のない方はGPS機能付きの携帯が必須です。
Googleなどのパノラマ写真などを利用すると回りの雰囲気が
わかります。
今回は練馬の富士街道沿いを回ってきます。食事を含めて
4時間ちょっとのコースです。距離は往復14キロぐらいでは
ないでしょうか。
画像

 最初は西武池袋線、石神井公園駅から始めます。池袋から
これます。エレベータあり。駅構内にトイレがあります。
写真は石神井公園駅南口です。高架工事がもうすぐ終了します。
北口のビルは遠くからもわかるので道に迷ったり、位置確認する
ときに使います。①
画像

 左手、西側が商店街で、ここをまっすぐ西に進みます。②
画像

 どこまでもまっすぐ西に800メートル進むとT字路に出ます。
正面に見えるのが石神井公園です。正面の野球グラウンド
周辺は桜の名所です。T字路右手、北側に石神井公園北東角の
入り口があります。富士街道を一回りして帰ってくるとその
入り口に出ますので、また元来た道を帰ります。③
画像

 T字路を北の右へ回ると富士街道が見えます。
十字路を西の左に曲がります。左角は石神井中学校です。④
画像

 富士街道を曲がったらすぐ右手の北側の住宅街に入ります。
富士街道の歩道はこの石神井中学、日銀グランド(あのテレビで
問題になった日銀のグランドです)、大泉学園駅への曲がり角までは
比較的まともに通れますが、あとは腱鞘炎間違いなしのひどい
歩道です。ですから住宅街を通るのは必須です。
 さあ迷路に入りましょう。⑤
画像

 練馬区の住宅街の道は他の都市近郊の住宅と同様に
長い時間をかけて農地を少しずつ宅地化したので本当に
迷路になっています。よさそうな道はたいてい建っている
家を立ち退かした金食い道路です。
 ところで今走っている富士街道の右側の西武池袋線との
間の土地には富士街道以外目立った西に行く道路はありません。
南から北に横断する道路がいくつかあるだけです。結局
西に行くには住宅街の迷路を行くしかありません。しかしその道全部を
写真で示すのは大変なので頑張って試行錯誤してみてください。
(なんといういい加減な道案内でしょう)
 以下の写真は石神井郵便局本局の裏手あたりの道です。
駐車場の脇の道を抜けます。もともとここは農家の庭先だったの
ですが、昔から地元の人はがんがん人の家の中を通っていました。
農家が住宅と駐車場になっても当然通ります。
どこにあるかは頑張って探してみてください。⑥
画像

 昔農家の前を通ってごちゃごちゃと少し西に進むと
石神井団地に出ます。そしてそのまま団地を西に突っ切ります。⑦
画像

 団地を抜けると写真のような石神井学園裏手の道に出ます。
左手は地図ですと児童相談センター西武分室となっていますが、
かなり記憶があいまいになっていますが、昔この近辺には
片親とか、家庭に特殊な問題のある子供のいる家庭の
一戸建て団地群が石神井学園関連の施設として立ち並んでいたと
記憶しています。私の小学校時代の友人もこの近くに住んでいました。
現在の石神井学園はその機構や役割も時代とともにかなり
変わったようです。⑧
画像

 柵越しをぐるっと左(西)に回ると写真のような場所に出ます。
見づらいですが左手の車両止めの間をぬって通ります。
大型車両は通れませんので右手の道路に迂回します。
結局どちらを通っても石神井台3丁目のローソン横に行くので
好みの問題です。⑨
画像

 ローソンのある道は富士街道から大泉学園駅に向かう道です。
ローソン前の信号を左(西)に曲がる道に入ります。⑩
画像

 ローソンを抜けた道を行くと大泉生協病院に出ます。
右手に向かう道は昔からある畑の間を縫った古い道です。
写真左手の病院横の道を行きます。病院より前の道を
左に行くとたいてい元の道か逆戻りすることになります。⑪
画像

 生協病院横を通ったら少しごちゃごちゃと西に向かいます。
富士街道は少し西南寄りに斜めに走っているので、時々
南に道を修正しなければいけません。そして富士街道北交差点に出るようにします。⑫
画像

 実はこの富士街道北交差点は富士街道の下の写真の
地蔵さんのところから二股に分かれて繋がっています。
今は一方通行で通れませんが、昔、藁ぶき屋根の農家がまだ
いっぱい残っていたころ富士街道とこの地蔵を右に曲がって
保谷駅に向かう道は主要道路でした。ですからお地蔵さんも
年代物です。
正確には後から出てくる旧早稲田通りの続きが
伸びていることになるようです、⑬
画像


 実際この富士街道北交差点を西北の保谷方面に向ってみると
現在でも住宅街の中としては商店が多く道の両側に並んでいます。
昔は主要道路だったのでかなりの賑わいで、早くから店が並んで
いたので逆に道が狭いままになってしまってなかなかそれ以上は
発展しませんでした。しかし今でも地元の道として狭いのにかなりの
交通量です。地図で見ても25号線として(あるいは旧早稲田通りと
表記されて)一方通行の道も含めて大きい道であるかのごとくの
表示で示されています。
どちらにしても狭いうえ交通量が多いのであまり長い距離この道を
進むのはお勧めしません。⑭
画像

 と言いつつこの道を少し行ってから左の富士街道側に
折れて、昔の用水の後だと思う道に出ます。
逆光の中、感で押して撮ったのでうまく取れていませんが
高圧線と大きな畑をめざしていくと以下の場所に出ます。
畑と住宅の間を西に用水を埋めてしまった道が続きます。
暗渠になっているかもしれませんが、水が流れていないのは
確かです。富士街道沿いには農業用水が流れていました。
私の姉や兄のころはまだ水はきれいだったようですが、
私の幼少のころは住宅建設ラッシュの時代と重なるので
すでに生活用水でどぶ川でした。また途中から川が埋まって
家の前でも川が消えてしまっていました。⑮
画像

以下が実際の用水後の道です。実は本当にここの部分が
用水跡かどうかは記憶が微妙なのですが、古い道であることは
確かです。⑯
画像

用水路の途中に、隣の畑の真ん中を突っ切っている道があります。
今は親切な柵がありますが、前はただの畑の中の道です。つまり人の
土地の真ん中です。そこをみんな勝手に通っていました。
今でも農家の方が横で仕事していても黙って通してくれます。
どうもありがとうございます。⑰
画像

 農地の脇を少し行くと用水の道として繋がって以下の道に出ます。
左手奥に続く道が富士街道につながっていて、こちらは
ほぼ用水跡で間違いないと思います。本当に古い道です。
とにかく狭いのですが古い道な分、道が長くつながっているので
住民が結構使う道です。車いすで行くと交互一方通行になって
頻繁に人を待たせることになります。⑱
画像

 用水の道の右の住宅街の方を行くと、いなげや練馬南大泉店の
横に出ます。写真の道は富士街道の石神井台八丁目交差点を
北に向かった道です。
 左手のドラッグストアの横の道を左(西)に曲がっていなげや駐車場脇を
抜けていきます。⑲
画像

 ここから住宅街をまた通りますが、住宅街の道が全体に西北西に
向いているので適当に南に下がって補正します。そのうち富士街道
高塚交差点から保谷の東町に向かう234号線にぶつかるので
さらに通り抜け、比較的新しくできた東伏見駅から南の天神町交差点に
向う道路に出ます。
 その道路を横切り、南寄りに西にさらに向かいます。
近辺では一番高いプロムナードという住宅群を目指して住宅街を
ウロウロします。プロムナードからは富士街道と新青梅街道が
交差する富士町交差点への道が走っています。⑳
画像

上の写真は富士町交差点を見ていますが、下は同じ場所から
プロムナード側を見たところです。(21)
画像

 プロムナードを西北に向かい、住宅群の角を西(左)に曲がります。
基幹道路並みに広い道路用に買収の進んだ場所を通って
市立保谷中学校、市立本町小学校横を通ります。(22)(23)
画像

画像

 小学校横の川を暗渠にしたのではないかと思われる場所を
通ります。(24)
画像

この抜け道はなかなか桜がきれいです。(25)(26)
画像

画像

 抜け道を抜けると、西武新宿線西武柳沢駅東側踏切から
南北に走る道路に出るので、南(左)に下って新青梅街道の
保谷町交差点に出ます。(27)
画像

踏切に向かう道は結構交通量があるので、進行方向の
右、西側の住宅街を南下します。
 そうすると新青梅街道と交差する富士町交差点から
伸びてきて柳沢駅前商店街を通る富士街道にぶつかります。
写真ではわかりづらいですが道の先のビルのT字路になっている
ところが富士街道です。(28)
画像

 T字路から富士町交差点方面を見た富士街道の
柳沢駅前商店街です。(29)
画像

 同じ場所から反対(西)の青梅街道に接続する富士街道の
柳沢駅前商店街です。(30)
画像

 私の記憶では新青梅街道はだいぶ後からできた道路です。
青梅街道、早稲田通り、富士街道の方が昔のメインストリートです。
 富士街道は柳沢駅前商店街の先ですぐ青梅街道と接続しています。
その先まで富士街道が続いているのかどうかはわかりません。
さすがに小さいころの私には田無近辺になると認識の
範囲外で記憶にありません。
 富士街道の商店街裏から柳沢駅北口への道です。
正面が駅の階段です。(31)
画像

 柳沢駅北口です。エレベータがあります。
リュックサックを背負っている人の前がエレベータです。(32)
画像

 駅前商店街の富士街道を少し西に行くと南口への
踏切があります。(33)
画像

 踏切を渡ってすぐ左に曲がれば南口に出ます。(34)
画像

 やはり南口にもエレベータがあります。とりあえず
富士街道はここで終わりなので電車に乗って帰ってしまうのも
手です。
 まだ続ける気のある方は写真の南口の右手、東側の踏切に
向かいます。(35)
画像

 見づらいですが、踏切の先線路脇にも道があって千駄山緑地に
続いています。さらに線路沿いを行くと西武新宿線東伏見駅に
行けますが、体力のない方には先に進むのはお勧めしません。
線路の南側が全体に低地になっていてかなりの高低差が
あります。下ったら当然戻るために上がらなければなりません。
今までのコースはわざと同じぐらいの高さで、高低差のない
ところを選んでセットしてあります。
 ということで踏切を左(北)に曲がって線路を渡ります。
線路を渡ったらすぐ右(東)の住宅街の道を線路に沿って
進みます。
 しばらく行くと緑地の線路の反対側あたりに買収された
道路予定地にでます。どうやら市立保谷中学校、
市立本町小学校横の道路予定地がこちら方面とつながる
ようです。道路は線路をまたいで緑地の横につながるようです。(36)
画像


[写真を張り付けすぎたせいか編集後のHTML展開が誤動作して
不安定です。仕方ないので二分割することにします。]

[関連ページ]
車いすでサイクリング、その1の2、練馬区富士街道沿い
車いすでサイクリング、その8、練馬区富士街道沿い、その2の1
車いすでサイクリング、その9、練馬区富士街道沿い、その2の2
車いすでサイクリング、その10、富士街道、谷原、春日町方面

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ななし
2020年06月09日 01:37
過去の記事に対するコメントとなり、失礼します。
私、趣味で絵を描いているものなのですが、この記事の20番の写真の構図が好きで、一部トレースさせていただきたいので、この写真の使用許可をいただけないでしょうか?
連絡方法がこれしかわからず、このような形でのご連絡となってしまい申し訳ありません。
返信は 7naci.hobby@gmail.com まで頂けるとありがたいです。

少し記事を拝見したのですが、車いすをご使用なんですね!私とは違う視点、目の高さから世界を見られている、という感じがしていいなぁと思いました。

よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック