ハリはりハリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 山口恒夫 監修 「昆虫はスーパー脳」 技術評論社

<<   作成日時 : 2018/05/16 14:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 これはなかなか面白い。昔昆虫の話というと動物行動学的な、つまり観察が主の話が多かったのだけれども、ここでの話は神経を実験的に扱っていてかなりの神経ネットワークのことがわかってきたことがわかる。実際の研究は発表年代を見ると昔からこつこつと研究されていたことが分かるが、やはり実験装置、観測機器、生化学的な分析や遺伝情報、遺伝操作の手法の確立などの最近の急激な発展の成果が現れている。話は昆虫では少ない神経細胞とニューロンで分節、特化して分散型処理がされているという点を中心に8人の研究者が段階的に解説している。
 個人的には昆虫では食堂が脳の真ん中を通っているとかが、進化は積極的に生存に影響しなければ何でもありだなあと面白がっていました。人間などの哺乳類と昆虫での進化の方向の違いや逆に臭いの判別に似たところがあるなど個別の話題でも面白い。
 




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山口恒夫 監修 「昆虫はスーパー脳」 技術評論社 ハリはりハリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる