ハリはりハリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 草光俊雄 「アフリカ世界の歴史と文化」 放送大学教育振興会

<<   作成日時 : 2017/08/02 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本では情報の少ない地域の本をできるだけ読もうとして選んでいるうちの一冊。副題に「ヨーロッパ世界との関わり」とあるように4人の共著者のうち二人がアフリカ史、アフリカ経済史が専攻で、二人がフランス文化史、イギリス社会経済史が専攻。最近はアフリカ人自身による歴史の記述も増えているのでなるべく積極的にその成果を取り入れているとのことだが基本的にはヨーロッパから見たアフリカの歴史という感じ。記録のあるギリシア・ローマ時代から大航海時代、奴隷制度、植民地化、独立とその後まで広く扱っているが記録のない考古学的考察が必要な歴史については扱われていない。アフリカ北東のスワヒリ語文化圏やインド洋地域との関係、サハラ砂漠以南の地域の記述が比較的丁寧に記述されている。教科書などに書かれている大戦後のアフリカの民族独立などの単純な記述よりもアフリカの複雑な状況を少しは理解できる。実際はこの本で書ききれないくらいもっと複雑なのだろう。


アフリカ世界の歴史と文化―ヨーロッパ世界との関わり (放送大学大学院教材)
放送大学教育振興会
草光 俊雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アフリカ世界の歴史と文化―ヨーロッパ世界との関わり (放送大学大学院教材) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
草光俊雄 「アフリカ世界の歴史と文化」 放送大学教育振興会 ハリはりハリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる