ハリはりハリ

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿古真理 「なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか」 NHK出版新書

<<   作成日時 : 2016/12/26 01:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本人はしっとり柔らかなパンが好き。まさに白米が好きなように和風テイスト。しかし欧米などの実際のパンは少なくとも表面は固い。日本のパンは異質なのだ。私は本来フランスパンのような硬いパンが好き。ようやく最近はまともなフランスパンが出てきてうれしい。というのがこの本の裏テーマのような気がする。タイトルのなぜ日本のフランスパンが世界一になったかの説明の「なぜ」の部分の根拠は薄弱。戦後パン食を勧められたのはアメリカの小麦輸出計画の世界戦略のせいとする謀略説には一方的すぎると反論している。この点は短く書きづらいので読んでほしい。まんまと謀略説を信じていた私はなるへそと思った。
 よく調べてはいるので読み物としては面白い。日本でのパンの普及に一役買っているのが自動炊飯器のパン作り機能というのは個人的に読んでいて面白かった点。わたしもイースト菌と強力粉を用意はしているのだけれどもついつい捏ねるのが面倒なのでほったらかしになっている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿古真理 「なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか」 NHK出版新書 ハリはりハリ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる